スポンサーサイト
category: -

一定期間更新がないため広告を表示しています

-, -
ジュラシックワールド
category: MOVIE-J
JUGEMテーマ:映画
小学生の時、ジュラシックパークを見て衝撃を受けた世代です。子ども心に、恐竜の存在の恐怖と、古代の生物を再現させるという科学技術は禁忌なのだということを実感させられたほど、衝撃的な作品でした。それ以降の2と3は、その恩恵を受けた作品という感じで、大して魅かれなかったのですが、今回はジュラシックパークを実現した世界だということで、満を持して見に行ってきました。

映画館で見るにふさわしい、ダイナミックさは本当に素晴らしかったです。恐竜も増え、その1つ1つが本当にリアルに再現されていることは最新の技術の賜物だと思いますし、パークの設備も、科学の粋を凝らした乗り物やサービスにあふれ、未来感が満載でした。

何より、海中生物のモササウルスを、USJのウォーターワールドに似せたエリアで展示しているところなんかは、圧巻でした。(このモササウルスが後2回出てくるとは想像だにしませんでしたが…。)現代の動物園や水族館で見られる、生き物とのふれあいコーナーに似せて、恐竜にまたがっている子どもや、恐竜に餌をやっている子どもなどの映像を見た時は、微笑ましいと同時にぞっとしましたね。自分たちがやっていることの恐ろしさ、危険性がにじみ出ている図とでもいうんでしょうか…。現代では、「安全な生物だから」やっているのでしょうが、このジュラシックの世界では、「危険性を人間がコントロールして安全を確保しているから」やっているわけですよね。大人はある程度知識があって、自分の責任でやればいいでしょうけど、知識のない子どもが無邪気に恐竜と戯れる様子は、恐怖以外の何物でもないです。本当に、映画後半に訪れる悲劇を思うと、ぞっとするシーンです。

今回の主人公は、2人の少年と、パークの管理者(科学者)である叔母さんクレア、そして元軍人のオーウェンの4人です。この人間関係が今回はあまり効果的に描かれていなかった気がするのが残念です。ま、ありていにいえば脚本が悪いということです。

2人の少年は、叔母さんの運営するジュラシックーワールドを訪ねるのですが、なぜか両親は一緒に来ません。どうも離婚寸前だとか、家族がうまくいっていないという設定がちらちら出るのですが、だから何?と言わんばかりに本編にからんできません。お兄ちゃんはジュラシックワールドより女の子に夢中みたいだし、弟は両親の離婚が心配だと泣きつつ恐竜に夢中だし、うーん、よく分からない。このパニックを乗り越えた後に、何か解決するのかといえば、大してそういう描写もなかったです。

叔母さんのクレアは、せっかく訪ねてきた甥っ子2人に構う暇もないくらい忙しく、接待は部下任せ。2人の年齢もすぐに言えないとオーウェンに批判される始末。このあたりは、こうした素晴らしい技術を生み出す科学者の、人間性を表す上で、必要かなと思いますし、ジュラシックパークのハモンド教授なんかを思い起こさせます。ハモンドは家族の接待を喜んでしてましたね。

彼女と恋愛がらみの元軍人オーウェンは、ラプトルの調教を手掛け、ラプトルを手なずけるところまできていました。クレアからするとガサツでとても付き合えないといった風のようですが、ジュラシックワールドが危機に陥ってからの、彼のカッコよさ!軍人は危機に直面すると強いのかもしれませんが、誰よりも責任感があり、誰よりも強く逞しい。とにかく最後まで彼の強さに魅かれていきます。少年2人があっさり信頼したように、彼となら生き残れるかも…と思います。

クレアとオーウェンは立場からしても対照的です。クレアは科学者として恐竜を見ますが、オーウェンは飼育者として恐竜を見ています。インドミナスレックスが脱走したと知った時、科学者たちは自分達のこれまでの巨額の投資を考え、睡眠銃で捕獲を図りますが、オーウェンは危機感の強さから銃殺を考えます。危機意識、対応の素早さが違うんですね。このオーウェンの軍人としての素養が、パークに起こる悲劇を予測させ、観客を恐怖に陥れていきます。

クレアとオーウェンの関係性はよかったと思うんですが、この2人の恋愛関係がひどかったですね。危機に陥る中で共に協力する2人が恋愛感情をもち、くっつくことはよくあることです。だから2人が結ばれるのは別にいいんですけど、その描写の加減を間違えると、この映画の良さを損なうと思うんです。この2人が熱いキスを交わしたのは、翼竜の脱走によりパークが大混乱に陥った時です。しかも、自分の部下の女性が、翼竜につかまり、水中に落とされ、何度も翼竜に水攻めにされた末、モササウルスに翼竜ごと喰われるっていう信じられないような現実を見た直後です。これには流石に唖然としました。少年2人も、「なんでキスしてるの!?」みたいに2人を見ていますが、キスしている場合じゃないんです!という場面なので、何とも気が抜けます。

ラプトルからトラックで逃走している時も、戦っているオーウェンのカッコよさに、少年2人が「カッコイイ!!」と言ってクレアがにんまり笑ったり。極めつけは、ラスト。パークの危機を乗り越え、負傷者が手当てを受けている場面。「これから私たちどうする?」とクレアが聞くと、「2人でいよう。生き残るために。」とオーウェンが返すところです。はああああああ???となりました(笑)クレアはこのパークの責任者なので、この場面で負傷者たちに混じっていることも、これからの未来を恋愛的に捉えているところも場違いな回答です。

「ジュラシックパーク」の世界では、恐竜の脱走によって、人間が古代の生物を再現させることの危険の大きさや、科学者のおごり、科学技術に頼りすぎた人間の愚かさなどが露呈され、夢のパークは実現しないというハモンドの哀愁漂うエンディングとなるわけです。そこには、科学が見せる未来の素晴らしさと同時に、人間が忘れてはいけない倫理観や危機意識などを提示するという、非常に素晴らしい対比があったわけです。

今回特に残念なのは、メッセージ性が薄かったこと。微妙なラブコメが入っていただけでなく、一番言いたいことがなんだったのかが良く分からないのです。今回はネドリーのような裏切り者はいませんが、影で結託していた科学者や、ラプトルを軍事的に利用とする別会社が乗り込んでくるなど、ジュラシックパークと似たような存在が出てきます。このあたりは、いつの時代も変わらないなあと思わせてくれるのですが、この存在を上手く使いきれていないんです。この悪役たちは、恐竜たちによってあっけなくせん滅されていきます。ただ、それだけなんですよね。恐竜を軍事的に利用するとどうなるかは、新しいテーマで、少しおおっと思ったのですが…ラプトルとインドミナスレックスが対話することができたことで、人間が飼い鳴らすことはできないという結末になります。でもラストにむけて、インドミナスレックスとTレックスが対峙する場面で、オーウェンを助けたりと、人間と通じあえたかのような描写もあり、ラプトルの存在意義がよく分からないんですね。結局ラプトルは恐竜でしかありえなかったのか、人間の飼いならせるものであったのか、ここいらも曖昧にしたので、よくなかったんですね。ダメならダメで、最後はオーウェンの敵になればよかったのに、ラプトルのブルーだけはオーウェンと心を通わせたかのような描写を入れるから、妙にジュラシックワールドの恐怖が半減してしまった。まるで手なずけた犬と会話でもしてるかのような絵は、あんまり見たくなかったかな…。

最後インドミナスレックスと戦えたのは、本来の恐竜のTレックスでした。これをクレアがパドックから引き出す時は、かなり恐怖が伝わってきてよかったです。人間が生み出したハイブリッド種と、自然界が生み出したオリジナル種の対決という構図は面白かったです。ただ、よく似すぎていて、結局どっちが勝ったのか分からなかったことや、ラプトルが交じっていてややこしかったこと、最終的にはモノサウルスが3度目の登場ということでちょっとくどかったかな。


伝わったのは、「人間は過ちを繰り返す」ということくらいで、何かしら新しい提示はなかったところがとても惜しいです。絵としてはぜひ劇場で見てほしいダイナミックさなのですが、メッセージの明確さという点では、ジュラシックパークを超えることはできていません。あらためて、ジュラシックパークの完成度の高さを感じる作品となってしまいました。

ジュラシックパークで見せた科学者の愚かな点を、ワールドではどのように乗り越えて開園に至ったのかということをきっちり描けていれば、また、悲劇は繰り返しますが、どのように乗り越えるかというところで、別に魅せ方があったのではないかと思うのです。どうせ作るのなら、脚本にもう一ひねりほしかったですね。勿体ない!の一言に尽きます。

面白いテーマだと思うので、数十年後に、スピルバーグではない製作・監督でリメイクしたら見てみたいと思います。
comments(0), -
Fifty shads of Grey
category: MOVIE-F
JUGEMテーマ:映画
なかなか話題になった作品です。

CMでも話題になりましたし、友だちが小説と映画の違いで激論を交わしていたので、気になってはいたんです。この度DVDで借りてきましたので、見てみることになりました。

テーマは知っていたので、一体どれほどのものかと思いましたが、ちょっと肩すかしをくらった印象です。たいしてエロくもなんともない。DVDの方は、無修正バージョンといいますか、劇場版の黒モザイクへの批判からできたR18以上向けの方も収録されていたので、そちらを視聴したのですが、別にモザイク入れるほどのことも全然なく、綺麗なものでした。映画全体を通して、とても美しく撮るということを重要視したんでしょうね、ヌードもSM的な要素も、あまりいやらしくなく、逆に言うと物足りないくらいのものでした。

だから、いろいろ叩かれているように、主人公のアナが、グレイに魅かれつつ、どうしても彼の性的嗜好を受け入れられないと悩むところが、いまいち説得力に欠けるんですよね。グレイは、とてもハンサムな実業家である反面、プライベートでは極端なSM嗜好があり、パートナーに従属者たることを要求します。社会でそうした嗜好が問題視されることを警戒して、彼は契約書を作り、少しずつ自分の本性を出しながら、アナに契約を迫っていきます。このあたりはとても危険な何かに魅かれていくと同時に、危ないものに巻き込まれつつある気がして、「おおお」と思うのですが…

実際グレイが大してSM好きでも危ない感じでもなく、さらりとした無表情なので「???」となるんです。アナも最後は、「私にどんなことしたいの?やってみて?」と押し切るのですが、お尻を6回ムチで叩かれただけで泣いて帰る。オイオイオイ…。いや、そんな行為私だっていやですけど、自分からやってみて?といいながら、それだけで「付き合いきれないわ」と言って帰るあたり、覚悟なかったも同然だと思うんですが…。

グレイの方が、なぜアナに魅かれるのかも少し謎です。アナをやっている女優さんの美しさについても賛否両論あったようです。少し古風な美人さんタイプかもしれません。一見地味な控え目な美しさという感じ。私はまあまあ好きですが、華やかな美人ではないんです。あと、体つきも、ナイスバディとはとても言えない、どちらかというとたおやかな細さなので、ベッドシーンも見栄えはしないかも…。グレイとアナが初めて出会うインタビューの場面でも、大した印象を残しませんし、なぜそんなにアナに固執していったのか、映画では説明しきれていない気がします。従属者になれそうな素養を見抜いたんですかねえ?映画で見せたSM程度なら、耐えられる美しいパートナーはいたはずだと感じてしまうんですね。

大ヒットした小説が元だということですが、映画だけ観た人には理解できないことが多すぎますね。極め付けは、エンディング。ここで終わるの?って切り方をしているので、振り回されたわりに、納得できない終わり方で、満足度は薄いかもしれません。次回作に期待!とも思えない、エンタテイメントとしては失敗した作品だと思います。昨今、最初から連作にする傾向はありますが、きちんと1本1本で完結させることは、私個人としては重要なことだと思いますので、この作品にはちょっと辛口になってしまいます。

もうちょっと見応えのある映像と、演技力を期待したいものですね。この程度では、衝撃を受けません。
comments(0), -
時をかける少女
category: MOVIE-T
JUGEMテーマ:映画
細田守監督の作品、いまやジブリ映画を越す勢いで、日本のスタンダードアニメになってきていますね。賛否両論あると思いますが、日本のアニメ代表になりつつあるのは間違いないと思います。

かくいう私は、細田作品を見た順番としては
「サマーウォーズ」→「オオカミ子どもの雨と雪」→「バケモノの子」→「時をかける少女」の順でしたね。

実は今から書こうとしている「時をかける少女」は、多くの人が細田作品の初めて見る作品であったと思うのに、こんなに見るのが遅くなってしまいました。映画のレビューですと「純愛」「ピュア」とか「高校生の清々しさ」などというワードが多く飛び交っていて、タイムワープもの、というテーマになぜか見る気が起きなかったというのもありますが・・・。

さて、感想。

なかなか良くできた作品だと思います。

最初は、タイムリープをする度、今いつの話になったのか分からなくなりかけたのですが、特徴的なエピソードを持ちだして、何月何日のどのポイントなのか、把握できるようになっています。例えばプリンを食べられた、電車の踏切で交通事故にあう、小テストを受ける、理科準備室で胡桃を見つける、家庭科室で天ぷらを揚げるのに失敗する、告白をされるなどです。こうした日々の出来事を、主人公がどのように受けとめるか、もしくは避ける(タイムリープしてやり直す)かで変わってくるということが、よく分かります。

この映画の主人公・真琴は、なかなか男勝りで、悪く言えばガサツ、よく言えばボーイッシュな明け透けない少女なのですが、タイムリープでカラオケを10時間もやったり、告白を避けるためにタイムリープを繰り返すあたりに、個性があって可愛いところがあるなあと思います。

でも、最初は「なんて便利なの!最高!」といってタイムリープを多用していた真琴が、自分の都合のいい現実に変えていく度に、自分の代わりに傷ついたり不利益を被ったりする人々がいる、という重い現実に気づいていきます。特にそれを直視させられるのが、恋愛がらみ、というところがこの作品の青臭さなのかもしれませんが。

親友だと思っていた千昭からの告白。自分のことを想ってくれているコウスケ(漢字忘れました)。コウスケの方は恋愛とまでいってないようですが、この2人の気持ちに気づいた真琴が、「親友」である3人の関係を変えたくないという思いと、2人の思いとの間で葛藤します。しかしタイプリープをして、女友だちと付き合うことになった千昭や、後輩の女の子と付き合うようになったコウスケを見るうちに、自分の心の底にある想いに気づいていくのです。このあたりの見せ方は、非常にうまいなあと思いましたね。

この映画のテーマとなっている「TIME WAITS FOR NO ONE.」
時間は進み、戻れない。今ある時間は1度しか訪れないってことを直視させられます。

タイムリープは、時間は戻せないが、人間は戻ることができる、と魔女おばさんが説明してくれますが、更に付け加えるなら、それは人間次第という警告も含まれているような気がします。

友だちからの大事な想い(告白)をきちんと受け止めよう!と真琴が思えるようになるのは、タイムリープを繰り返した真琴が沢山の現実の可能性を見てしまったからなんですよね。自分がどのように行動し、発言したかで、未来は大きく変わる。そしてそれは自分だけでなく、まわりの大切な人間の未来にも影響するということを実感したからこそ、真琴は最後のタイムリープを行うことができました。時間の大切さ、今を生きることの大切さを、主人公は身をもって知るのです。

最後の告白のシーンはとっても素敵です。実際は、あの告白はどこへ?ってくらい誤魔化されてしまうのですが(笑)耳元で「未来で待ってる」なんて、千昭の男前ぶりににやにやしちゃうくらい、萌えるシーンです。もう会えないと思って別れるよりも、その方が希望を残しますよね。コウスケに「私やること決まったから!」と明言する真琴は、おそらく絵の修復にたずさわるとか、タイムリープの開発(言葉にすると陳腐ですが)などに従事することが想像されます。

終始、主人公が走っている印象の強い映画ですが、高校生というのは、これくらい、時間を大切に、めいいっぱい一生懸命生きているくらいで丁度よいのかもしれません。大人になってから、この映画を見て、高校時代に戻って共学に通いたいなあ〜と溜息が出ました(笑)ピュアな青春映画と思いきや、意外に深いメッセージが込められていると思います。細田作品の序の口として、1度見るにはオススメです。

余談ですが、原作は魔女おばさんの方が主人公ということで、原作へのオマージュも映画の節々で見られます。そういった楽しみ方も乙ですよね。私は原作は未読なので、機会があれば触れてみたいと思います。

 
comments(0), -
ラスト、コーション
category: MOVIE-L
JUGEMテーマ:映画
 
-, -
レボリューショナリー・ロード−燃え尽きるまで−
category: MOVIE-R
JUGEMテーマ:映画
 
レボリューショナリー・ロード−燃え尽きるまで−
レボリューショナリー・ロード−燃え尽きるまで−
友達と一緒に見に行ってきました!

本日公開初日。
別にレオ様ファンという訳でもケイト命という訳でもなく
見たい映画がこれくらいしかなかったのです(笑)

タイタニックカップルの11年ぶりの共演。
結構話題になってたので、私も気になっていた作品でした。

見た感想ですけど…
結婚してから見ればよかったかな(^^;なんてねー。
私には早すぎたかもしれない。

でも、すごく面白かった!とは言えなくても
見ないよりは見てよかったかもな…と
しみじみ思っちゃうような、そんな奥深い映画でした。(複雑;)

傍から見ると、仕事にも子供にも恵まれた理想の夫婦。
けれど、その内面には見えない葛藤があって
家族の為と自分に言い聞かせながら
単調な生活を続ける自分達から必死に逃れようとしていた…。

物語は、そんなウィスラー夫婦が
もう1度情熱のある人生を取り戻そうとパリ移住を決意する
ところから始まるのです。



ここまでは私も前情報として知っていて
てっきり2人は本当に移住するんだと思ってたんですが
実際は違いましたね。そうできなかった。
そこがこの作品の見どころなんですよね。

様々な障害、壁、誘惑が2人に訪れます。
2人は道を迷い、必死で夢にしがみつこうとするけれど…
2人の道が行き違ってしまうんですよね。
そして悲しい結末が訪れてしまうのです。

エイプリルはどうして最期の日
フランクに最高の朝食を用意して出迎えたのか。
そしてどうして一人、堕胎しようとしたのか。
わかりそうで、考えてしまいます。


フランクとエイプリルの口論のシーンが多くて
どっちかというと眉を顰めてしまうような時間が長いのですが
不思議と嫌な気持ちにならなかったのは
凄く共感する部分が大きいからだと思います。

2人が平凡な毎日に疲れ、ストレスをぶつけあったり
昔の夢を思い出して、理想をもう1度追い求めたくなったり。
そんなシーンを見ていたら、度々自分と重なるんですよね。

私はまだ若手で未婚だからそこまで縛られるものがない。
そんな私でも、大学や、就職と、自分の道を決めてきたことで
ある程度、人生は限定されてきた気がするし
昔ほど将来に可能性を感じていない気がする。

これが夫婦ともなると、どれだけその
振り幅が大きいんだろうと思います。
生きる為、子供の為に金を稼ぐ。
そんなつまらない人生に虚無感を感じることもあるだろうし、
閉塞感を味わうこともあるでしょう。

そこから抜け出そうと決心した2人が
どれだけ周囲から馬鹿にされたり、陰口を叩かれても
移住手続きを進める様子は、心底嬉しそうで、笑えない場面です。

本当に、自分らしく生きることに必死という感じでした。
特にケイト・ウィンスレットが演じるエイプリルは
自分らしく生きられなければ、生きていけないとでもいうかのように
息苦しそうで、追い詰められた人の狂気とでもいうか
凄まじい迫力の演技でした。

誰だって、何かを犠牲にして生きていると思うし
家族を持つ、誰かと共に生きる為には
人生をそこそこ限定していかなければいけないと思う。
どんなにつまらなく単調なものでも
馬鹿にできない尊い人生だと思います。
それでも。
それを言い訳にしてはいけません。
2人のパリ移住を祝福しながら、影で笑った夫婦。
2人を理想の夫婦と言いながら、罵った不動産屋。
(キャシー・ベイツ!この人もタイタニック号に乗船されてたなあ)
彼らの姿は皮肉なことに、
理屈ばかりで何もしない自分と重なっていました。

自分らしく生きようともがくことを忘れてはいけませんね。
情熱を燃やそうともしないで
諦めている人が多いような気がします。自分を含め。
もっともっと、自分の可能性を試してもいいような気がしました。
結婚したり、家族をもったりしたなら
自分の可能性や自由が広がるような
そんな人生を歩みたいものです。
-, -
LOVERS
category: MOVIE-L
JUGEMテーマ:映画
 
-, -
9か月
category: MOVIE-N
JUGEMテーマ:映画
 
-, -
ラスト・タンゴ・イン・パリ
category: MOVIE-L
JUGEMテーマ:映画
 
-, -
クルーエル・インテンションズ
category: MOVIE-C
JUGEMテーマ:映画
 
-, -
氷の微笑2
category: -
JUGEMテーマ:映画
 
-, -
New Entry.
Category.
Archives.

Profile
Calendar
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
ユグドラシル
ユグドラシル (JUGEMレビュー »)
BUMP OF CHICKEN,藤原基央
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
シンクロナイズド・ロッカーズ
シンクロナイズド・ロッカーズ (JUGEMレビュー »)
オムニバス,Mr.Children,YUTA.TOSHI.CHIHO and JIRO’S SESSION,ストレイテナー,ELLEGARDEN,The ピーズ with クハラカズユキ,noodles,YO-KING,佐藤竹善,GOING UNDER GROUND,SALON MUSIC
blog pet
ブログペットの凛。 実は11月11日生まれだったりする。 管理人と同じで、音楽が大好きです。 時々寝言も言います。 可愛がってあげてくださいね♪
Links
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Search