スポンサーサイト
category: -

一定期間更新がないため広告を表示しています

-, -
ラスト、コーション
category: MOVIE-L
JUGEMテーマ:映画
 
-, -
LOVERS
category: MOVIE-L
JUGEMテーマ:映画
 
-, -
ラスト・タンゴ・イン・パリ
category: MOVIE-L
JUGEMテーマ:映画
 
-, -
L change the WorLd
category: MOVIE-L
JUGEMテーマ:映画
 完結してきました!
公開からこんなに早く見に行ったの初めてかなあ。
もう、待ってられなくて、思い立ったら映画館に居ました。
見た感想は、もう、もう…ありがとうございました、です。

これでもうLに逢えないのかと思うと寂しいです。
どんだけL好きだったの(>_<)

ほんとは長々自己満感想書いてたんですけど
消えてしまったので(泣)もう同じことは書けません…が。
やっぱり、せっかくだし、ちょっぴり?ね?
以下ネタバレ注意です。

Lの最期の23日間を描く物語。
本当に、すべてLの物語でした。

実は脚本的にはちょっと不満だったんです。
最後の敵がバイオテロ、人間の創りだした死神、というのは
良い発想だと思うんですけど、ちょっと敵方が物足りなくて
あまり脅威じゃないなあと…。
「アウトブレイク」や「YASHA」知ってる人間からしたら
進行がちゃちいし、何もLが解決する事ない事件に思えます。
「DEATH NOTE」の方があれだけ緻密な頭脳戦だったのだから
もう少し脚本は捻って欲しかったなあと思います。誰だ、書いたの。

それを除けば。
Lという人間テーマで見れば、相当練られたストーリーですね!
Lファンが喜ぶシーンだらけ!
子守L!走るL!自転車L!
個人的にはキーボード叩くLと、MKの例示を喋るLがツボでした。
すげえ…(^^;大笑ひ〜。
あと背筋を伸ばすL!抱きしめるL!ぐはー☆

でもそれが、単にファンを喜ばす映像なんじゃなくて
ちゃんと意味のある行動の変化だっていうのが凄いんです。

ワタリの死後、生と死の意味を考えるようになったLが
初めて人間と関わるようになった、その変化の現れなんですよね。

だから、こういうLの姿を見て、
Lじゃないみたいっていう人もいると思うけど、私は
最期の最期で、人間Lが見られて良かったなあって素直に思いました。

真希ちゃんを誉めてあげたり、BOYに名前をつけてあげる頃には
ほんとに普通のお兄さんみたいに見えて、ちょっぴり泣けた…。

LAST NAMEのラスト、夜神総一郎に逢うシーンで
心から笑えたのは、そういった変化があったからこそだったんですね。
すごく繋がりました。

Lのひとつひとつの演技に込めた意味合いが解って
本当に松ケンに頭が下がりました。
彼は、「LがL自身を救う物語」にしたかったと言っていたけれど
本当にその通りです。

漫画なら、機械的・無機的なLのままでよかっただろうけど
映画の中で動く、生の声が聞けるLは、やっぱり人間。

だから、死を目前に生きる意味を見出すLが見れて嬉しかった。
Lを最期に人間にしてくれて、ありがとうって思います。
-, -
リトル・ダンサー
category: MOVIE-L
昔テレビの予告か、レンタルビデオの予告で
すっごい可愛い男の子が軽々と飛び廻るのを見て
名前だけは知ってた映画。周りの感想も可愛くて
面白い映画って事だったので借りてきました。

確かに日本では欧米に比べてバレエが盛んとは言えないし
(特に職業としてのバレエダンサーの認知度)
バレエ=女の子の習い事みたいなイメージがあるのは否定しないけれど
イギリスでも男の子がバレエを始めることに対して
あんなに差別的な目があるとは思いませんでした。

おそらく主人公の階級ゆえのことなのでしょうが。
この物語で泣けるのは、その"階級"です。

炭鉱で働く厳格な父親とお兄さんが
ストライキのために命がけで闘っている中
末の息子はバレエに夢中になり、必至に練習をつんで
家族に認めてもらおうとする…。

最初はつっぱねて、とんでもない!という風の父が
息子の才能を目の当たりにして
自らの将来とプライドを犠牲にしても
息子の夢をかなえてやりたいと願うその過程。

兄さんがなじる中、バスに乗って泣きながら
炭鉱に向かおうとする父がまた泣けるんだ。
貧しさは恥ではない、けれどひどく無力なのが悲しいシーン。
ただのコメディかと思っていたので
思いの外叙情的なシーンに驚いてほろりときてしまいました。

主人公の才能を最初に見出した女の先生や
親友でゲイだって事が発覚した男友達、おばあちゃんの協力もあって
ロイヤルにオーディションを受けに行くとこが凄く面白かった。
お父さんが田舎モノで、不器用な男まるだしで(笑)

最後の質疑応答で、主人公が答えた言葉は
舞踊家の適性というか、生きる性そのものでしょう。
昔からバレエマンガ読みすぎた私は
あのシーンでぞくっときた。

ラスト、ロイヤルで経験を積んで初舞台を踏むシーンが
めちゃくちゃ感動的なんです。あれはロットバルトかな?
青い鳥かもしれないけど、跳躍が圧巻で。
炭鉱の町から這い上がった人間が
飛翔していくというストーリーそのものを
1シーンで表現したラストだと思います。
comments(0), trackbacks(0)
LAコンフィデンシャル
category: MOVIE-L
なんかこの映画を見た頃、ラッセル・クロウにはまってたんですよ。
そしてこの映画が上映されてた頃、ちょうど受験生だったか何かで
有名なのは知ってたけど、見逃していた作品だったんです。

LAコンフィデンシャルっていうと、
アカデミー賞で沢山賞をとっていた記憶があるので
深い精神性を持った物語か、文学作品てイメージがあったんですが、
刑事ものって事を知って驚きました(笑)

日本の警察の話はよく見ますけど、よく考えたら
海外になると急に階級があがって、FBIとかCIAの様な
特殊組織の映画しか見た事ないんですよね。
だから、ロス市警は微妙に新鮮でした。

俳優さんのキャラ分けが凄く立ってましたね。
主人公(といえるのかな?)の凄い真面目な刑事さんが
好きでした。顔がいいからだけじゃなく(笑)

性格がすごく共感できたんです。
真面目だけど、孤立していて、
実は刑事に向いていないじゃないかと怯えながら
同僚の適性を羨ましく見ている…
けれど自分は親しくなれなくて、あくまで野心的にのしあがるだけ…

この不器用さがいいんです!!(笑)
ラッセル・クロウ演じるバドとか、殺されてしまった刑事さん、
実は黒幕だった刑事部長さんなど、みんな色んな刑事像を
個性的に演じていて良かったです。

でも、やはり最終的に見えてくるのは刑事の正義感ですね。
正義感がなければ、警察はやっていける仕事ではないと思います。
それが命をはった局面で見えた時、じんわり感動しました。
サスペンスとしてもとても面白かったです。
comments(0), trackbacks(0)
ロスト・イン・トランスレーション
category: MOVIE-L
「ロスト・イン・トランスレーション」も舞台は日本。首都東京。
CM撮りで来日した俳優と、夫の仕事に付いて来日した若妻が
言葉の通じない異国で、自分を見失って彷徨って、出会うストーリー。

タイトルどおり、トランスレーションに迷うところがテーマの映画
なんだけど、これがすごーく気分悪かった。日本語の解らない主人公たちや
英語の通じない日本人たちが描かれる訳なんだけど、英語が話せない、
解らない日本人が馬鹿にされてるみたいに感じるんだもん。

監督のソフィア・コッポラは、かなりの東京好きで、東京を特別な街だと
思ってるからこの初監督作品の舞台に東京を選んでくれたらしい。
それは嬉しいけど、見てる日本人には少しストレスかなあ。
出てくる通訳が全然ちゃんと通訳できなかったりね。日本人スタッフが
まるで英語できなかったりね。そんな日本人いまどきいないよーって思った。
英語圏の人って、第二外国語を取得する苦労が解ってるのかな?

全体的に気だるくて面白くなかったし(笑)
救いはボブ・マーレイ。彼の朴とつだけど時々コミカルな演技が良かったです。
ヒロインのスカーレット・ヨハンソンは可愛くてスタイルよくて好きな女優さん。
けどこの作品は特に好きでもなかった。渋谷も京都も似合ってないんだ…。

見所は東京の名所と、マシューTVくらいですかね(笑)
実はDVDに入ってるメイキングと、マシューTV完全版が1番面白かった。
ボブ・マーレイが日本で買った「日本で異性を口説く方法」という会話本で
覚えた初めての日本語は「ダレニムカッテイッテルンダヨ!!」らしいです(笑)
comments(0), trackbacks(0)
New Entry.
Category.
Archives.

Profile
Calendar
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
ユグドラシル
ユグドラシル (JUGEMレビュー »)
BUMP OF CHICKEN,藤原基央
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
シンクロナイズド・ロッカーズ
シンクロナイズド・ロッカーズ (JUGEMレビュー »)
オムニバス,Mr.Children,YUTA.TOSHI.CHIHO and JIRO’S SESSION,ストレイテナー,ELLEGARDEN,The ピーズ with クハラカズユキ,noodles,YO-KING,佐藤竹善,GOING UNDER GROUND,SALON MUSIC
blog pet
ブログペットの凛。 実は11月11日生まれだったりする。 管理人と同じで、音楽が大好きです。 時々寝言も言います。 可愛がってあげてくださいね♪
Links
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Search