スポンサーサイト
category: -

一定期間更新がないため広告を表示しています

-, -
それでもボクは、やってない
category: MOVIE-S
JUGEMテーマ:映画
 『それでも、ボクはやってない』 TVでやってましたね。

TVで見る加瀬亮が、見れば見るほど細美さんに似てるんで
シリアスな場面なのに、何度となくにやりとしてしまいました。
別に加瀬亮は好きではないです。あしからず。

私は、こういう、社会派の作品は大好きなんだけど
見た後、何とも言えない重たい気持ちになるから
見るのに、とても覚悟がいる。自分に余裕がある時しか見れないです。
でも、見る価値はありますね、本当に見た方が良い作品だと思います。

満員電車の中で、女子学生に痴漢と疑われ、逮捕された
主人公が、無実を主張して裁判を戦い続けるという物語。

本当にリアルな描写で、もし自分がこの様な目にあったらと、
男でなくてもゾッとする想いでした。
そして、日本の刑事裁判の在り方を深く、考えさせられた作品でした。


ただ、この映画を見て、多くの人が主人公に同情的な感想を
抱くのは、…それに尽きてしまうのは、少し違うんじゃないかなあと。

この映画の面白いところは、真実が明かされない所なんですよね。

最初、痴漢容疑で捕まった男は、明らかに痴漢をしている
シーンが描かれています。けれど、加瀬亮演じる鉄平は、
痴漢をしたのかしていないのいか、その決定的シーンはぼかされていて
本当は視聴者にも、最後まで真実は明らかにならないんです。

これは、周防監督のトリッキーな演出であり、
それに気づいて欲しいと彼自身がプロモーションで言及していました。

主人公だからといって、
そして、無実に見えるよう作られているからといって
彼が無罪だと安易に信じている、
そんな視聴者の判断力にも、警鐘が鳴らされているのです。

この話は、被告人の視点で進められているから
被告人に感情移入できるけれども、現実社会で、女性は
痴漢をした容疑者に対し、こんなに同情を寄せるでしょうか?
ニュースで報道される殺人事件の被疑者に対し、
無罪かもしれないと考える人がどれくらいいるでしょうか?

それくらい、世間の人々は被告人には冷たく
被害者の立場に寄っているものなんです。

それがダメだと言うのではなく、見方によって、
ころころと立場を変えるのが普通なんだという事が重要なんです。

人間は感情の生き物です。
けれど、もうすぐ裁判員制度は実施されるんです。

客観性をもてなければ、人を裁く事はできない。
それなのに、私達は人を裁いて生きているという事実、
それを自覚しないといけないと、改めて思いました。

法律を知らないで生きている人、沢山いると思います。
裁判を見たこともない人も、いっぱいいるんでしょうね。
そんな人たちが、刑事裁判を見たらビックリすると思います。
どんな事例でどんな判決が出ているのか、
判例集でも読んでみたらいいと思います。

それくらい、司法を一部の人のものにしてきた
社会のツケを感じさせられる映画です。

「疑わしきは被告人の利益に」

刑事裁判の大原則です。
どれだけグレーに近かろうと、クロと言えない限りはシロです。

冤罪被害者から見た刑事裁判の在るべき姿と、
犯罪被害者から見た刑事裁判の在るべき姿は
まったく違うような気がします。
そして、いずれの立場でも
真実を明らかにする場では決してないようです。

私も何がベストなのか全くわかりません。
それが正直な気持ちです。
考えれば考えるほど、人が人を裁いていいのか?と思えます。

映画版デスノート「DEATH NOTE− THE LAST NAME」では
月の正義論を批判した夜神総一郎が
「法律は完全じゃない。作った人間が不完全だからだ。
しかし、人類が正しくあろうとした結果が法律だ」
というような台詞を言うんです。(不正確ですが;)

これも、説得力がある言葉なんですよね。
ただ、彼は警察の人間であって
司法権の人間ではないから、また立場が微妙に違うのですが…。

けれど、裁かない社会は、より恐ろしい無法地帯でしょうし
失敗を恐れながら、裁いていくしかないんでしょうか。
自分にも降りかかっている問題だと思うと、ぞくっとしますね。
相当な問題提起作品です。
-, -
シュレック2
category: MOVIE-S
またもアニメ半額の日に借りた(笑)
前シュレックを見たからちょうどいいや〜って。

今回はフィオナの両親に挨拶に行くという筋書き。
そこで怪物と結婚した事をどうしても認められないフィオナパパが
シュレックに殺し屋を差し向けたり、別の婚約者を用意したり。
まあ色々てんこもりで面白かったです。

中でもウケたのが「長靴をはいた猫」!
ビジュアルもとっても可愛いけれど
普段は機嫌取りの気取りやが
必殺技のウルウル目線を使うとこが最高によし。

しかも声が凄い。
日本語吹替えでは竹中直人さんが声をやってますが
英語ではアントニオ・バンデラス!!
マスク・オブ・ゾロですよ!

作中でもゾロのパロディが使われてて、剣先で木の幹に
Zのマークを刻むところがありました。
あれ、ゾロ知ってる人じゃないと解らないんだろうなあ。
知ってたら最高に面白いのに。

シュレックとドンキに新たに加わった仲間、長靴をはいた猫。
これからも活躍しそうで期待です。

ちなみに、英語でCatでもKittenでもなく
何て言ってるんだろ?って思って調べてみたら
「Puss In Boots」でした。
勉強になるのう。
comments(0), trackbacks(0)
シュレック
category: MOVIE-S
最初に書いとこ。シュレックに惚。

前から、ちょこちょこテレビで見たり、予告を見たり
何かと見ていたのに、全部通して見た事はなかったのです。

アニメ半額DAYに満を持して借りてきました。
また、そのレンタル屋でDVDが全部借りられちゃってた為に
吹替え版のビデオを借りてきたのがポイントとなったのでした。

シュレックは字幕でもきっと面白いだろうけど
シュレック役の浜ちゃんの声と、ドンキ役の山寺宏一の声が
ほんとにどんぴしゃり。それが余計とっても面白かった。
あと、なんとか卿をやってた伊東さんもよかったなあ。
藤原紀香のフィオナは正直どっちでもいいんだけど(笑)

別に大して練られたストーリーじゃないのに
随所にファンタジーのパロディが含まれていて
コメディ仕立てなのが、気持ちよく笑えました。

ああいう、笑いだけの作品って中々ない。
既に続きが見たいです。
フィオナの呪いがとけなかったのがなぜか気になるし。

シュレック、顔は怪物だけど、いい男だと思うんだけどな。
ちょっと愛想なくて、一匹狼で、強くって。
趣味悪い?私。
comments(0), trackbacks(0)
ソウ2
category: MOVIE-S
見るつもりじゃなかったのに!
これに尽きる。

私は、映画はジャンルを問わずに見るんだけど
やっぱりホラーは駄目で。
見るのはいいんだけど、どうしても夢に見るというか
後から思い出してゾッとする生活が耐えられないので
自分からは絶対見ないようにしてる。

けど夜中にMOVIE PLUSチャンネルをいじってたら
ちょうど8人が部屋に閉じ込められてゲームがスタートした所で…
かなり面白かったのであります。

怖いと思いつつ、どんどん人が殺されていくと解りつつ。
最後まで見てしまった…。

しかもラスト。
一筋縄では終わらないと思ってたけど…。

ほんとに怖かった。

怖いもの見たさってこういうのを言うんだな。きっと。
見るんじゃなかったーと思いながら、結構満足してたからな。
生半可なラブドラマよりずっと面白かったのは確か。

勇気があれば、1と3も見てみたいところ。
絶対、おともだちが必要だけどね(笑)
comments(0), trackbacks(0)
スウィング・ガールズ
category: MOVIE-S
上野樹里ブームですねえ〜。
CMの「いぐね?いぐね〜?」が強烈に耳に残ってる今作、
ウォーターボーイズとちょっとかぶるものの、面白かったです。
多分、竹中直人がかぶってるんだろう。

甲子園にお弁当届けに行くシーンとか、
バンドの女の子2人が、元カレに楽器直させるシーンとか
とにかく爆笑できる様なシーンがテンポよく入ってて楽しいです。

貫地谷しほりが可愛くてよかったです。あと白石美帆も。
それとあの〜福至誠二君がいや〜な先輩役で出てて驚きました。
でも「人間は2つに分けられる!スウィングする者とそうでない者だ!」
とか言う名台詞には恐れ入りました(笑)良い事言うじゃないさ。

私は音楽好きだけど、演奏に関してはまるでダメなので(笑)
ジャズの音楽性とか聴いただけで演奏できちゃう彼女達は
ちょっと羨ましいですね〜。

それでもハマり易い私が、そこまで興味持たなかったのは、
やっぱジャズ向きじゃないって事なんだろう。吹奏楽好きじゃないし
ロックとかグランジの方が好きだし、部活なら体育会系だし…。
作中、肺活量を高めるトレーニング見て辛そうだな〜って
思った私は、自分が体育会系って事疑ったけどね…。
comments(0), trackbacks(0)
下妻物語
category: MOVIE-S
TVでやってて、腹ごなしに適当に見てたらハマったー。
お風呂に入る時間も忘れそうな程ハマったー。
笑いに飢えてたのかしら、ワタクシ。

深田恭子と土屋アンナの共演作。
ゴスロリ服でロリータタカビーなお嬢様が深田恭子。
ヤンキーで族入りしてるチンピラが土屋アンナ。どっちも強烈。

この2人が友達になるってとこから摩訶不思議だけど
映画の作りもこう、普通の映画の展開と違って漫画的というか
コミカルな編集になってるのでかなり笑えます。

桃子とイチコは他の友達は居なくて、どっちかっていうと
孤独なタイプだけど我が道を行ってるところが好きです。
ゴスロリもヤンキーも周りは絶対良い顔しないもんね。
でも2人の友情は純朴で、そのギャップが愛らしかったです。

元気ない時にお薦め!
comments(0), trackbacks(0)
New Entry.
Category.
Archives.

Profile
Calendar
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
ユグドラシル
ユグドラシル (JUGEMレビュー »)
BUMP OF CHICKEN,藤原基央
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
シンクロナイズド・ロッカーズ
シンクロナイズド・ロッカーズ (JUGEMレビュー »)
オムニバス,Mr.Children,YUTA.TOSHI.CHIHO and JIRO’S SESSION,ストレイテナー,ELLEGARDEN,The ピーズ with クハラカズユキ,noodles,YO-KING,佐藤竹善,GOING UNDER GROUND,SALON MUSIC
blog pet
ブログペットの凛。 実は11月11日生まれだったりする。 管理人と同じで、音楽が大好きです。 時々寝言も言います。 可愛がってあげてくださいね♪
Links
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Search