スポンサーサイト
category: -

一定期間更新がないため広告を表示しています

-, -
時をかける少女
category: MOVIE-T
JUGEMテーマ:映画
細田守監督の作品、いまやジブリ映画を越す勢いで、日本のスタンダードアニメになってきていますね。賛否両論あると思いますが、日本のアニメ代表になりつつあるのは間違いないと思います。

かくいう私は、細田作品を見た順番としては
「サマーウォーズ」→「オオカミ子どもの雨と雪」→「バケモノの子」→「時をかける少女」の順でしたね。

実は今から書こうとしている「時をかける少女」は、多くの人が細田作品の初めて見る作品であったと思うのに、こんなに見るのが遅くなってしまいました。映画のレビューですと「純愛」「ピュア」とか「高校生の清々しさ」などというワードが多く飛び交っていて、タイムワープもの、というテーマになぜか見る気が起きなかったというのもありますが・・・。

さて、感想。

なかなか良くできた作品だと思います。

最初は、タイムリープをする度、今いつの話になったのか分からなくなりかけたのですが、特徴的なエピソードを持ちだして、何月何日のどのポイントなのか、把握できるようになっています。例えばプリンを食べられた、電車の踏切で交通事故にあう、小テストを受ける、理科準備室で胡桃を見つける、家庭科室で天ぷらを揚げるのに失敗する、告白をされるなどです。こうした日々の出来事を、主人公がどのように受けとめるか、もしくは避ける(タイムリープしてやり直す)かで変わってくるということが、よく分かります。

この映画の主人公・真琴は、なかなか男勝りで、悪く言えばガサツ、よく言えばボーイッシュな明け透けない少女なのですが、タイムリープでカラオケを10時間もやったり、告白を避けるためにタイムリープを繰り返すあたりに、個性があって可愛いところがあるなあと思います。

でも、最初は「なんて便利なの!最高!」といってタイムリープを多用していた真琴が、自分の都合のいい現実に変えていく度に、自分の代わりに傷ついたり不利益を被ったりする人々がいる、という重い現実に気づいていきます。特にそれを直視させられるのが、恋愛がらみ、というところがこの作品の青臭さなのかもしれませんが。

親友だと思っていた千昭からの告白。自分のことを想ってくれているコウスケ(漢字忘れました)。コウスケの方は恋愛とまでいってないようですが、この2人の気持ちに気づいた真琴が、「親友」である3人の関係を変えたくないという思いと、2人の思いとの間で葛藤します。しかしタイプリープをして、女友だちと付き合うことになった千昭や、後輩の女の子と付き合うようになったコウスケを見るうちに、自分の心の底にある想いに気づいていくのです。このあたりの見せ方は、非常にうまいなあと思いましたね。

この映画のテーマとなっている「TIME WAITS FOR NO ONE.」
時間は進み、戻れない。今ある時間は1度しか訪れないってことを直視させられます。

タイムリープは、時間は戻せないが、人間は戻ることができる、と魔女おばさんが説明してくれますが、更に付け加えるなら、それは人間次第という警告も含まれているような気がします。

友だちからの大事な想い(告白)をきちんと受け止めよう!と真琴が思えるようになるのは、タイムリープを繰り返した真琴が沢山の現実の可能性を見てしまったからなんですよね。自分がどのように行動し、発言したかで、未来は大きく変わる。そしてそれは自分だけでなく、まわりの大切な人間の未来にも影響するということを実感したからこそ、真琴は最後のタイムリープを行うことができました。時間の大切さ、今を生きることの大切さを、主人公は身をもって知るのです。

最後の告白のシーンはとっても素敵です。実際は、あの告白はどこへ?ってくらい誤魔化されてしまうのですが(笑)耳元で「未来で待ってる」なんて、千昭の男前ぶりににやにやしちゃうくらい、萌えるシーンです。もう会えないと思って別れるよりも、その方が希望を残しますよね。コウスケに「私やること決まったから!」と明言する真琴は、おそらく絵の修復にたずさわるとか、タイムリープの開発(言葉にすると陳腐ですが)などに従事することが想像されます。

終始、主人公が走っている印象の強い映画ですが、高校生というのは、これくらい、時間を大切に、めいいっぱい一生懸命生きているくらいで丁度よいのかもしれません。大人になってから、この映画を見て、高校時代に戻って共学に通いたいなあ〜と溜息が出ました(笑)ピュアな青春映画と思いきや、意外に深いメッセージが込められていると思います。細田作品の序の口として、1度見るにはオススメです。

余談ですが、原作は魔女おばさんの方が主人公ということで、原作へのオマージュも映画の節々で見られます。そういった楽しみ方も乙ですよね。私は原作は未読なので、機会があれば触れてみたいと思います。

 
comments(0), -
ただ、君を愛してる
category: MOVIE-T
玉木宏と宮崎あおい共演の恋愛映画。
日本映画でこういう恋愛映画って好きじゃない事が多いのだけど
見てみて、思いの外良かったし、軽く感動を覚えました。

この映画のプロモーションでは、2人のキスシーンの絵が
よく出されていたので、てっきりありきたりな恋愛映画かなあと
誤解していたんですが、あの2人は恋仲ではなかったんですね…。

あくまで「友達」という付き合いで過ごしている、その関係が
とても可愛らしく、時に切なくて泣けてきました。
特に、宮崎あおい演じる静流が少し風変わりな女の子で
いかにもな恋愛映画のヒロインではなかったのが気に入りました。

宮崎あおいは凄く可愛いのに、その顔を隠すような眼鏡をして
幼く見えるような服に身を包んでいたから
一層こっけいで、変な女の子という雰囲気を出していましたね。
また宮崎あおいがの演技がまた上手いんです。
慢性鼻炎からくる鼻すすりや、ちょっと自己中で怒りっぽい性格。
細かい動作が静流の幼さを強調していて、目立ってましたね。

だからこそ、彼女が眼鏡を取った瞬間の美しさにハッとするし、
NYで開かれた個展に飾られたセルフポートレートの
大人っぽさにも印象的にひきつけられるんだと思います。

この物語のキーとなるのは、
静流が自分の病気を一切秘密にしていた事。

彼女は大人になると死ぬ危険性が高まるから、成長を抑えていたのに
誠人と出会い、恋をしたからこそ、死の危険を冒して
大人になる決意をしたという事実が、非常に物悲しいのです。

しかも、相手の誠人は別の女性に魅かれていて
自分のことはただの友達としてしか見ていないのに
その決意をしてしまうんですよね…。
たった1度の恋に、一生を、命を懸けた静流のまっすぐさに
少し感動してしまうところです。

まあ、そんな病気があるのかとか、あまりその説明がないとか
そんな個展が簡単に開ける訳がないとか、
色々うまく出来すぎている感も否めませんが
純粋に切なく、ほろりとくるような恋愛映画だと思います。

個人的には静流と誠人が
写真を通じて仲を深めていく、森と湖のシーンが好きですね。
そして、静流が「好きな人の好きなものを好きになりたい」とか
「恋をすると死んじゃう病気」いう台詞が心に残りました。

好きな人の好きなものを好きになる…
簡単そうで、出来ない事です。
-, -
ザ・センチネル
category: MOVIE-T
最初から期待外れと解っていながら見てしまうこの愚かさ!
キーファー・サザーランドが出てるってだけで
どうしても見たくなったんです。(せがまれて借りました。)

でもやっぱり期待外れだったー。
詳しい概要は省きますが、大統領を守るべきシークレットサービスの中に
大統領を狙う反乱因子がいる事が解り、シークレットサービスたちが
お互いを怪しみながら事件を解決していくという話なんですが…

24のジャック・バウアーに慣れた人なら
このセンチネルがいかに面白くないか同感してくれると思います。
だって、同じ国家規模の戦いで、刑事(?)ものサスペンスなのに
TVシリーズの24の方が壮大で緻密な脚本だからです。

真実が解っても、唖然としてしまう程、簡単であっけなくて、
打ち合うシーンにしても、とにかく緊張感や感動の薄い話です。
キーファーと、マイケル・ダグラスの共演だけが見物の映画ですね。

キーファーにしても、どうしてもジャックにかぶってしまう。
彼はずっと映画不振で俳優として悩んでいたところに24の話が来て
想像以上の大ヒットに恵まれた人だから、久々の映画復帰に喜んでいる
のでしょうが、似たような職業の役柄では、単に二番煎じで
ジャックの強烈なキャラを超える事は出来ないと思います。

このままでは、スターウォーズのルーク役の人みたいになって
逆にオファーが来なくなってしまうかもしれません。
彼の演技は本当に凄みがあって、個人的に大好きなので
全然別な役柄のオファーを受けて、演じて欲しいものです。

それにしても、TVシリーズが予算も脚本も
映画をうわまっているなんて、凄い時代が来たもんです。
comments(0), trackbacks(0)
Taking Lives
category: MOVIE-T
この映画を知ったのは、雑誌の整理をしていたら
偶然、情報誌のお勧めDVD欄に載っていたから。
ジャケットのアンジェリーナ・ジョリーがやたらセクシーで
目に付いて、よく見たらキーファー・サザーランドまで出てる!
っていうんで、こんな映画あったの!?ってレンタルしてきた訳です。

でもあんまり話題になったの聴いたことなかったし
連続猟奇殺人事件のサスペンス劇でR12がついてたとこから
あんまり面白くないんだろうなあ(笑)なんて失礼な事思ってた。

映画の感想は、もうひたすら怖かった!何アレ〜〜〜。
R指定をつけただけあって、遠慮なく気持ち悪い映像。
私は特に血がダメとかないんだけど、ちょっとひき気味だった。
あれは子どもに見せちゃダメー。どおりでTVでやらない訳だ…;

でもアンジー演じるFBI分析官のスコットなんか
ご飯食べながら、お風呂入りながら、ベッドにいながら
しょっちゅう死体写真眺めてて。よく言えば仕事熱心なんだけど。
絶対嫁にもらいたくないな、この子(笑)って思った。

全体的に怖くて、気持ち悪いシーンが多いんだけど
見終わってから冷静に考えたら、緊張感と緩和の
持たせ方が巧くて、凄く面白かったと思います。

アンジェリーナ・ジョリーも、イーサン・ホークも
「怪演」って言葉が相応しいほど、役にはまり込んでました。
期待してた、キーファーはやっぱり凄く存在感があったけど
思いの外ちょい役で、出演時間が短くて残念でした。

もう1回見たいかは疑問だけど、サスペンスとかホラーが
好きな人には面白い作品なんじゃないかと思います。
ただ1つの後悔は、深夜に見てしまった事!悪夢…;
最後DVDのNG集見て和めたのが救いでした(笑)
comments(0), trackbacks(0)
ターミナル
category: MOVIE-T
面白い、面白くないの賛否両論聞いていました。
でも、予告であらすじは知っていたので
彼が空港でどんな生活をしていたのか、国に帰れたのか
結末が気になってたんですよね〜〜

トム・ハンクスの演技が全体的にコミカルで面白かったです。
言葉のわからない外人て、どこかおかしな要素ありますよね。
それをあますところなく発揮した感じです。

空港内に放置されて、お金を稼ぐ方法を考えたり
食べ物や寝るところを手に入れる方法を考えたり
空港といえど、ホームレスの人が生きていくために
必死で考え行動している様子を見ているのと同じでした。

コメディとして書かれているからいいとして
本当にあんな事は起こり得るんでしょうか!?
1番変だと思ったのが、空港責任者が彼を
空港の好きなとこに行けと放り出したところです。
保護せず、あんな事してもいいのでしょうか?
だから、ここだけリアリティがなかったです。

あとキャサリン・ゼタ・ジョーンズ演じるスッチーと
恋愛が始まるのも、無理矢理感が否めませんでしたね〜
何回か逢う事はあるかもしれないけど…
恋愛は無理ですよ…
そんな簡単に恋が発展したら苦労しないっての。

突っ込みどころ満載だったので
全体的な評価は低いです。でも見終わった時
面白かったなーって思える楽しい映画だったので
○としましょう(笑)

沢山の仲間ができて、最後見送られるところ、いいシーンでした♪
comments(0), trackbacks(0)
New Entry.
Category.
Archives.

Profile
Calendar
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
ユグドラシル
ユグドラシル (JUGEMレビュー »)
BUMP OF CHICKEN,藤原基央
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
シンクロナイズド・ロッカーズ
シンクロナイズド・ロッカーズ (JUGEMレビュー »)
オムニバス,Mr.Children,YUTA.TOSHI.CHIHO and JIRO’S SESSION,ストレイテナー,ELLEGARDEN,The ピーズ with クハラカズユキ,noodles,YO-KING,佐藤竹善,GOING UNDER GROUND,SALON MUSIC
blog pet
ブログペットの凛。 実は11月11日生まれだったりする。 管理人と同じで、音楽が大好きです。 時々寝言も言います。 可愛がってあげてくださいね♪
Links
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Search