<< 蒼き狼地果て海尽きるまで | main | プライドと偏見 >>
スポンサーサイト
category: -

一定期間更新がないため広告を表示しています

-, -
ただ、君を愛してる
category: MOVIE-T
玉木宏と宮崎あおい共演の恋愛映画。
日本映画でこういう恋愛映画って好きじゃない事が多いのだけど
見てみて、思いの外良かったし、軽く感動を覚えました。

この映画のプロモーションでは、2人のキスシーンの絵が
よく出されていたので、てっきりありきたりな恋愛映画かなあと
誤解していたんですが、あの2人は恋仲ではなかったんですね…。

あくまで「友達」という付き合いで過ごしている、その関係が
とても可愛らしく、時に切なくて泣けてきました。
特に、宮崎あおい演じる静流が少し風変わりな女の子で
いかにもな恋愛映画のヒロインではなかったのが気に入りました。

宮崎あおいは凄く可愛いのに、その顔を隠すような眼鏡をして
幼く見えるような服に身を包んでいたから
一層こっけいで、変な女の子という雰囲気を出していましたね。
また宮崎あおいがの演技がまた上手いんです。
慢性鼻炎からくる鼻すすりや、ちょっと自己中で怒りっぽい性格。
細かい動作が静流の幼さを強調していて、目立ってましたね。

だからこそ、彼女が眼鏡を取った瞬間の美しさにハッとするし、
NYで開かれた個展に飾られたセルフポートレートの
大人っぽさにも印象的にひきつけられるんだと思います。

この物語のキーとなるのは、
静流が自分の病気を一切秘密にしていた事。

彼女は大人になると死ぬ危険性が高まるから、成長を抑えていたのに
誠人と出会い、恋をしたからこそ、死の危険を冒して
大人になる決意をしたという事実が、非常に物悲しいのです。

しかも、相手の誠人は別の女性に魅かれていて
自分のことはただの友達としてしか見ていないのに
その決意をしてしまうんですよね…。
たった1度の恋に、一生を、命を懸けた静流のまっすぐさに
少し感動してしまうところです。

まあ、そんな病気があるのかとか、あまりその説明がないとか
そんな個展が簡単に開ける訳がないとか、
色々うまく出来すぎている感も否めませんが
純粋に切なく、ほろりとくるような恋愛映画だと思います。

個人的には静流と誠人が
写真を通じて仲を深めていく、森と湖のシーンが好きですね。
そして、静流が「好きな人の好きなものを好きになりたい」とか
「恋をすると死んじゃう病気」いう台詞が心に残りました。

好きな人の好きなものを好きになる…
簡単そうで、出来ない事です。
-, -
スポンサーサイト
category: -
-, -
New Entry.
Category.
Archives.

Profile
Calendar
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
ユグドラシル
ユグドラシル (JUGEMレビュー »)
BUMP OF CHICKEN,藤原基央
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
シンクロナイズド・ロッカーズ
シンクロナイズド・ロッカーズ (JUGEMレビュー »)
オムニバス,Mr.Children,YUTA.TOSHI.CHIHO and JIRO’S SESSION,ストレイテナー,ELLEGARDEN,The ピーズ with クハラカズユキ,noodles,YO-KING,佐藤竹善,GOING UNDER GROUND,SALON MUSIC
blog pet
ブログペットの凛。 実は11月11日生まれだったりする。 管理人と同じで、音楽が大好きです。 時々寝言も言います。 可愛がってあげてくださいね♪
Links
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Search