<< 落下の王国 | main | この森で、天使はバスをおりた >>
スポンサーサイト
category: -

一定期間更新がないため広告を表示しています

-, -
ブーリン家の姉妹
category: MOVIE-B
JUGEMテーマ:映画
 東京国際映画祭に行ってきました!

今年で第21回になるそうなのですが、
アジア最大の映画祭で、未公開の映画が沢山上映され
レッドカーペットには、映画関係者から豪華俳優陣まで
揃うという映画ファンには涎もののイベントであります。

色々見たいものはあって迷いましたが
私は特別招待作品の「ブーリン家の姉妹」を
一足お先に見てきました。

主演はナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソン。
この二人が演じる、ブーリン家の姉妹が主人公の話。

イギリス王家において、世継ぎに恵まれなかった
ヘンリー8世の妾として、姉のアンを推す野心満々のブーリン一族。
ところが、実際ヘンリーの心を射止めたのは妹のメアリー。
皇后の侍女として召し抱えられたメアリーに
一族すべてが付き添い、宮廷での権力争いに関わっていく…。

「イギリス版大奥」なんて
凄いあおり宣伝文句をつけてましたが(笑)
まあ事実その通りで、恋と権力と野心がどっろどろでございました。

歴史映画が大好きなので、この2大女優演じる王室ものは
面白かったけど、終わり方が終わり方なので(史実だしね;)
なんとも最後の後味は悪い映画でした。
それでも平気な方はぜひ!

ちなみに、アンの生んだ娘こそが
かの有名なエリザベス1世な訳で…
待ち望んだ男児でなく、誰からも誕生を祝福されなかった
女児こそが国を最も繁栄させるという皮肉。

男に翻弄された女性が、男を越えていくという
時代の幕開けを感じさせるそんな映画でございました。
やっぱり時代を動かすのは女性なのですね。

私はアンを演じたナタリー・ポートマンより
メアリーを演じたスカーレット・ヨハンソンが好きなタイプなのですが
ブーリン家の姉妹占いをすると、私の性格って
アンの方らしい・・・やだなー。あんなのになりたくない(笑)

この東京国際映画祭には、多くのゲストが来日しており
「ブーリン家の姉妹」には監督が舞台挨拶に来てくれていました。

監督は思ったよりずっと若い(30代?)イケメンさんで
凄くお茶目な方でした。映画の制作秘話をいっぱい話してくれて
とても笑わせて頂きました。

最近、試写会とか舞台挨拶のある上映をよく見るのですが
やっぱり、製作者や俳優から直接話が聴けるというのはいいですね!
私はそういう作り手側の話を聞くのがとても好きです。

帰りは友達と「六本木は畏れ多い」ということで(笑)
自由が丘でごはん食べて帰りました。

また来年も国際映画祭に行けたらな。
別に最新作をいち早く見ることには、そんな興味ないんだけど。

あの映画フリークや業界人が集った感じ。
妙にマニアックなんだけど知的でおしゃれな感じ。
中々はまりそうです(にやり)(^^)b
-, -
スポンサーサイト
category: -
-, -
New Entry.
Category.
Archives.

Profile
Calendar
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
ユグドラシル
ユグドラシル (JUGEMレビュー »)
BUMP OF CHICKEN,藤原基央
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
シンクロナイズド・ロッカーズ
シンクロナイズド・ロッカーズ (JUGEMレビュー »)
オムニバス,Mr.Children,YUTA.TOSHI.CHIHO and JIRO’S SESSION,ストレイテナー,ELLEGARDEN,The ピーズ with クハラカズユキ,noodles,YO-KING,佐藤竹善,GOING UNDER GROUND,SALON MUSIC
blog pet
ブログペットの凛。 実は11月11日生まれだったりする。 管理人と同じで、音楽が大好きです。 時々寝言も言います。 可愛がってあげてくださいね♪
Links
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Search