<< L change the WorLd | main | ライラの冒険−黄金の羅針盤− >>
スポンサーサイト
category: -

一定期間更新がないため広告を表示しています

-, -
それでもボクは、やってない
category: MOVIE-S
JUGEMテーマ:映画
 『それでも、ボクはやってない』 TVでやってましたね。

TVで見る加瀬亮が、見れば見るほど細美さんに似てるんで
シリアスな場面なのに、何度となくにやりとしてしまいました。
別に加瀬亮は好きではないです。あしからず。

私は、こういう、社会派の作品は大好きなんだけど
見た後、何とも言えない重たい気持ちになるから
見るのに、とても覚悟がいる。自分に余裕がある時しか見れないです。
でも、見る価値はありますね、本当に見た方が良い作品だと思います。

満員電車の中で、女子学生に痴漢と疑われ、逮捕された
主人公が、無実を主張して裁判を戦い続けるという物語。

本当にリアルな描写で、もし自分がこの様な目にあったらと、
男でなくてもゾッとする想いでした。
そして、日本の刑事裁判の在り方を深く、考えさせられた作品でした。


ただ、この映画を見て、多くの人が主人公に同情的な感想を
抱くのは、…それに尽きてしまうのは、少し違うんじゃないかなあと。

この映画の面白いところは、真実が明かされない所なんですよね。

最初、痴漢容疑で捕まった男は、明らかに痴漢をしている
シーンが描かれています。けれど、加瀬亮演じる鉄平は、
痴漢をしたのかしていないのいか、その決定的シーンはぼかされていて
本当は視聴者にも、最後まで真実は明らかにならないんです。

これは、周防監督のトリッキーな演出であり、
それに気づいて欲しいと彼自身がプロモーションで言及していました。

主人公だからといって、
そして、無実に見えるよう作られているからといって
彼が無罪だと安易に信じている、
そんな視聴者の判断力にも、警鐘が鳴らされているのです。

この話は、被告人の視点で進められているから
被告人に感情移入できるけれども、現実社会で、女性は
痴漢をした容疑者に対し、こんなに同情を寄せるでしょうか?
ニュースで報道される殺人事件の被疑者に対し、
無罪かもしれないと考える人がどれくらいいるでしょうか?

それくらい、世間の人々は被告人には冷たく
被害者の立場に寄っているものなんです。

それがダメだと言うのではなく、見方によって、
ころころと立場を変えるのが普通なんだという事が重要なんです。

人間は感情の生き物です。
けれど、もうすぐ裁判員制度は実施されるんです。

客観性をもてなければ、人を裁く事はできない。
それなのに、私達は人を裁いて生きているという事実、
それを自覚しないといけないと、改めて思いました。

法律を知らないで生きている人、沢山いると思います。
裁判を見たこともない人も、いっぱいいるんでしょうね。
そんな人たちが、刑事裁判を見たらビックリすると思います。
どんな事例でどんな判決が出ているのか、
判例集でも読んでみたらいいと思います。

それくらい、司法を一部の人のものにしてきた
社会のツケを感じさせられる映画です。

「疑わしきは被告人の利益に」

刑事裁判の大原則です。
どれだけグレーに近かろうと、クロと言えない限りはシロです。

冤罪被害者から見た刑事裁判の在るべき姿と、
犯罪被害者から見た刑事裁判の在るべき姿は
まったく違うような気がします。
そして、いずれの立場でも
真実を明らかにする場では決してないようです。

私も何がベストなのか全くわかりません。
それが正直な気持ちです。
考えれば考えるほど、人が人を裁いていいのか?と思えます。

映画版デスノート「DEATH NOTE− THE LAST NAME」では
月の正義論を批判した夜神総一郎が
「法律は完全じゃない。作った人間が不完全だからだ。
しかし、人類が正しくあろうとした結果が法律だ」
というような台詞を言うんです。(不正確ですが;)

これも、説得力がある言葉なんですよね。
ただ、彼は警察の人間であって
司法権の人間ではないから、また立場が微妙に違うのですが…。

けれど、裁かない社会は、より恐ろしい無法地帯でしょうし
失敗を恐れながら、裁いていくしかないんでしょうか。
自分にも降りかかっている問題だと思うと、ぞくっとしますね。
相当な問題提起作品です。
-, -
スポンサーサイト
category: -
-, -
New Entry.
Category.
Archives.

Profile
Calendar
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
ユグドラシル
ユグドラシル (JUGEMレビュー »)
BUMP OF CHICKEN,藤原基央
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
シンクロナイズド・ロッカーズ
シンクロナイズド・ロッカーズ (JUGEMレビュー »)
オムニバス,Mr.Children,YUTA.TOSHI.CHIHO and JIRO’S SESSION,ストレイテナー,ELLEGARDEN,The ピーズ with クハラカズユキ,noodles,YO-KING,佐藤竹善,GOING UNDER GROUND,SALON MUSIC
blog pet
ブログペットの凛。 実は11月11日生まれだったりする。 管理人と同じで、音楽が大好きです。 時々寝言も言います。 可愛がってあげてくださいね♪
Links
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Search