スポンサーサイト
category: -

一定期間更新がないため広告を表示しています

-, -
氷の微笑
category: MOVIE-K
JUGEMテーマ:映画
 
-, -
この森で、天使はバスをおりた
category: MOVIE-K
JUGEMテーマ:映画
 
-, -
ブーリン家の姉妹
category: MOVIE-B
JUGEMテーマ:映画
 東京国際映画祭に行ってきました!

今年で第21回になるそうなのですが、
アジア最大の映画祭で、未公開の映画が沢山上映され
レッドカーペットには、映画関係者から豪華俳優陣まで
揃うという映画ファンには涎もののイベントであります。

色々見たいものはあって迷いましたが
私は特別招待作品の「ブーリン家の姉妹」を
一足お先に見てきました。

主演はナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソン。
この二人が演じる、ブーリン家の姉妹が主人公の話。

イギリス王家において、世継ぎに恵まれなかった
ヘンリー8世の妾として、姉のアンを推す野心満々のブーリン一族。
ところが、実際ヘンリーの心を射止めたのは妹のメアリー。
皇后の侍女として召し抱えられたメアリーに
一族すべてが付き添い、宮廷での権力争いに関わっていく…。

「イギリス版大奥」なんて
凄いあおり宣伝文句をつけてましたが(笑)
まあ事実その通りで、恋と権力と野心がどっろどろでございました。

歴史映画が大好きなので、この2大女優演じる王室ものは
面白かったけど、終わり方が終わり方なので(史実だしね;)
なんとも最後の後味は悪い映画でした。
それでも平気な方はぜひ!

ちなみに、アンの生んだ娘こそが
かの有名なエリザベス1世な訳で…
待ち望んだ男児でなく、誰からも誕生を祝福されなかった
女児こそが国を最も繁栄させるという皮肉。

男に翻弄された女性が、男を越えていくという
時代の幕開けを感じさせるそんな映画でございました。
やっぱり時代を動かすのは女性なのですね。

私はアンを演じたナタリー・ポートマンより
メアリーを演じたスカーレット・ヨハンソンが好きなタイプなのですが
ブーリン家の姉妹占いをすると、私の性格って
アンの方らしい・・・やだなー。あんなのになりたくない(笑)

この東京国際映画祭には、多くのゲストが来日しており
「ブーリン家の姉妹」には監督が舞台挨拶に来てくれていました。

監督は思ったよりずっと若い(30代?)イケメンさんで
凄くお茶目な方でした。映画の制作秘話をいっぱい話してくれて
とても笑わせて頂きました。

最近、試写会とか舞台挨拶のある上映をよく見るのですが
やっぱり、製作者や俳優から直接話が聴けるというのはいいですね!
私はそういう作り手側の話を聞くのがとても好きです。

帰りは友達と「六本木は畏れ多い」ということで(笑)
自由が丘でごはん食べて帰りました。

また来年も国際映画祭に行けたらな。
別に最新作をいち早く見ることには、そんな興味ないんだけど。

あの映画フリークや業界人が集った感じ。
妙にマニアックなんだけど知的でおしゃれな感じ。
中々はまりそうです(にやり)(^^)b
-, -
落下の王国
category: MOVIE-F
JUGEMテーマ:映画
 
-, -
クライマーズ・ハイ
category: MOVIE-C
JUGEMテーマ:映画
 
-, -
デトロイト・メタルシティ
category: MOVIE-D
JUGEMテーマ:映画
 デトロイト・メタル・シティの試写会に行ってきました!
(ネタバレは後ほど。明日にでもゆっくり書きます〜)

一言感想言うなら

松山クラウザー根岸鏡
すんごい笑えたよ(>_<)


あの放送禁止用語乱れる原作の世界を
子どもが見ても大丈夫な映画にしあげたのはビックリ!

T〇H〇の試写室で。
という業界の中枢…ていうか本社じゃん!な場所で
一足お先に見る事が出来ました。
我ながら、チケット以外の当てものは強い。
有楽町に着くのがギリギリだったので
ちょっと迷い、遅れそうだったけど何とか滑り込み。

予想よりずっと小さい試写室でしたが
フカフカの椅子と音を包み吸い込む音響空間。
すごいわ、すごいわ!
20人もいないような個室で
なんだか…セレブな映画館のようでした。

まずは監督とプロデューサーのトークセッション。
とっても貴重なネタバレや制作秘話を聞かせてもらいました。

いかに、R指定を逃れるか。
そして、いかに映画倫理委員の笑いを勝ちとったか(笑)

質問コーナーも受け付けてくれて
松山ケンイチがクラウザー/根岸に選ばれた理由や
松雪泰子の役作りから、加藤ローサの天然ぶりまで
いっぱいいっぱい面白い話を聞かせてもらいました。

舞台挨拶では、みんな俳優に夢中になっちゃって
監督ら制作陣は無視されがちだから、案外よかったかも。
期待してたより面白くて、貴重な話だったなあ。
-, -
崖の上のポニョ
category: MOVIE-G
JUGEMテーマ:映画
 予告どおり、ポニョ見てきましたよ!
ネタバレありの辛口コメントなので、見てない人は要注意でございます。

仕事帰りに即出の予定が、17時になっても終わらない。
焦って時計を見るも、ゆうに1時間は延びてしまいました。
(お怨み申す、〇〇教授〜)
ダッシュでバスに乗り1番近くの映画館に飛び込みました。

いつもは子供でいっぱいの本作も、夜は流石に少なめ。
逆におじいちゃんおばあちゃんがいっぱいで、
宮崎ファンの層の広さを実感しました。

で、満を持して見たポニョですが…

… … …。

想いの外面白くなかったんだよ(笑)

いや〜ぽにょは可愛いし、宗助も可愛いし
CG排除の手描きの絵も綺麗だし、歌も楽しいし、言うことないんだけど
ストーリーがね、あれ?っていう…。

人魚が人間を好きになって、人間になりたいと思って
人間界に行くまではよかったんだけど…
その顛末が大したことないというか、あんまり意味が解らなかったです。

もののけやナウシカみたいな壮大なテーマはなくてもいいけど
あれじゃ、ただの宗助好き物語。
フジモトもグランマの存在もよくわかんなくって消化不良。
ものたりなーい!!
私は映画は1番脚本にうるさいので、ちょっとつまんなかったな。

あと、すごく小さなこというと
ポニョが人魚からアヒルみたいな形態になって、人間になる
その過程も、ちょっと見ててゾッとしたのでした。

あたし、ああいうの凄く苦手だった…;
海の上を走るポニョや追いかける波クジラを見て、さらにゾゾゾ…。

人魚の時代のポニョが、嫌いな人に水鉄砲したり
人間になって、宗助とラーメン食べたりする絵は
すっごく!!可愛いのになあ♪♪
それから、2人で船にのってでかけるとことか、可愛いすぎて
絵にかきたいくらい。トトロのメイちゃんの様でした。

面白かったのは、モールス信号送るとこかな。
リサのBAKA BAKA BAKAとか(笑)

着想が、夏目漱石と人魚姫から来てる所以か
物語は古い昭和の日本の様な文化と
西洋やファンタジーの世界の様な背景が混じり合ってて
実に不思議なミクスチャーワールドを醸してましたね。
それも、凄く違和感あったなあ。
なんにせよ、暇があったら、もう1度見てみるかな。
-, -
西の魔女が死んだ
category: MOVIE-N

「西の魔女が死んだ」という映画を見ました。
といっても、6月の9日とかそんな時だったと思うけど(笑)

この原作を読んだ事があって、なんだか懐かしかったので
試写会に応募しようかなーと探していたところ、意外なところで発見。

なんとYahooでオンライン試写会をやっていたのです!

なんて便利な時代になったんでしょうね…(驚)
抽選で2千人くらいが見れるのですが、クリックしたら当たりまして。
ありがたく自宅で鑑賞させてもらいました。

この話、不登校になった女の子が、
イギリス人のおばあちゃんの元で暮らし、魔女修行をしながら、
自分の生き方を見つめなおすっていうお話なのですが
個人的にはそんな精神的な話より
このおばあちゃんの、自然な生き方が好きです。

自分の家で菜園を作り、鶏を育ててお料理に使ったり。
たまには自家製のハーブティーやジャムを作ったり。
お洗濯は手足でやり、乾かすのはラベンダー畑の上。
和室で寝るのに、布団はお手製のキルティング。

私はそういうの大好きなので、もう台詞そっちのけで
映像に魅せられていました。
女の子の心を刺激する粋なおばあちゃんです。
魔女だからかなー(笑)

「24時間以内に見ないといけない」という時間制限のせいで
微妙にラストを見逃したのですが、なんだか懐かしい気持ちになって
すぐ原作を買ってきて読みなおしました。
原作の方が映画よりいいです。(映画は実は違和感ありあり。)
でも、これを機に西の魔女のこと、知ったり思い出す人が増えるなら
この映画もいいんじゃないでしょうか。

-, -
ナルニア国物語−カスピアン王子の角笛−
category: MOVIE-N
 
 この休みに
ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛」見てきました!

結構、面白かった!

第1章のライオンと魔女は、実はそれほど感動なかったので
そんな期待しないで見に行ったんですが、
(だってペペンシーきょうだいが可愛くないんだもの〜。)

第2章、やりましたね〜!
なんてったって、プリンスカスピアン!
カッコよすぎであります…。

1年前くらいに、英舞台のベン・バーンズがやると聞いてから
こりゃヤバいと思ってたんですが、予想通り、王子そのもの…。

ハンカチとか、ハニカミとかを王子と言ってる日本人が恥ずかしい…。
あれを王子と呼ぶのだ。日本人よ。と呟きたくなるほど王子でした。

スーザンとのロマンスがあれあれあれ?(笑)って感じでしたが
「角笛いらない?」は凄い殺し文句ですね…。
私なら1300歳年上でも、ナルニアに残るなあ(笑)
第3章にも引き続き登場するとの事で、とっても楽しみです♪
彼は、きっとオーランドやジョニーなみに人気が出ると思うな。

というか、子どもの頃、ナルニア読んだはずなのに
どう考えても第2章以降の記憶がないんですよね…
「銀のいす」あたりで挫折したのは覚えてるんだけど…(オイ)

映画は第3章「朝びらき丸 東の海へ」で完結させるみたいです。
個人的にナルニアは、ロードオブザリングほど
世界観に惹かれないんだけど、続きものだとやっぱり見ちゃう。
2010年公開かあ。待ちくたびれちゃうな。本そろえようかな。
-, -
チアーズ!
category: MOVIE-C
JUGEMテーマ:映画
 
-, -
New Entry.
Category.
Archives.

Profile
Calendar
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
ユグドラシル
ユグドラシル (JUGEMレビュー »)
BUMP OF CHICKEN,藤原基央
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
シンクロナイズド・ロッカーズ
シンクロナイズド・ロッカーズ (JUGEMレビュー »)
オムニバス,Mr.Children,YUTA.TOSHI.CHIHO and JIRO’S SESSION,ストレイテナー,ELLEGARDEN,The ピーズ with クハラカズユキ,noodles,YO-KING,佐藤竹善,GOING UNDER GROUND,SALON MUSIC
blog pet
ブログペットの凛。 実は11月11日生まれだったりする。 管理人と同じで、音楽が大好きです。 時々寝言も言います。 可愛がってあげてくださいね♪
Links
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Search